Web用語ざっくりまとめ

最終的にユーザーがChromeやIEなどのブラウザでWebページを表示する過程と、そのあたりの用語を、コンテンツから順に、ブラウザにたどり着くまでざっくりまとめ。
ほんとにざっくりなので気が向き次第追加するかも。

コンテンツ

サイトのページ、リソース(画像やhtmlファイル等)。

html

ハイパーテキストを記述するための言語。hyper text markup language。htmlファイルは、その言語で記述されたファイル。テキストエディタで編集。

ハイパーテキスト

文書同士に相互の繋がりを持たせた仕組み。htmlファイルとして作成される。

WWW

文書同士を相互に参照可能にするシステム。文書同士の繋がり。インターネット。

HTTP

WWWに利用される通信プロトコル。通信の方法等のルール。通信規約。

グローバルIP

インターネット上の住所のようなもの。IPアドレス。

ドメイン

DNS(domain name system)により階層化された名前。グローバルIPに紐づけられる。「〇〇.co.jp」等。

Webサーバ

HTTPに則り提供されるサーバ。自前、またはレンタル、クラウド等で用意。ドメインを指定してインターネット上でアクセスできるようになる。

ブラウザ

インターネット(WWW)の機能を扱うためのユーザーエージェント(ユーザーインターフェイス)。ユーザーが操作したり、コンテンツを閲覧したりするための窓口。Webサーバとやり取りしてコンテンツを取得したり入出力を返したりする。

カテゴリー : 技術・小ネタ

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

※送信の前にプライバシーポリシーを必ずご確認ください。